隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

ワンちゃんは愚僧の癒し~~を受け持ち~~かな?

今朝 5時起床 室温 8度 外気温 0度
ワンちゃんも一緒に起きる パートナーは散歩から帰って起きてきた。


今日は今年一番の寒さ~~ 外は晴れているが 雪が舞っている。 
山の方は雪が積もっているだろう?  
今日のワンちゃんの散歩は手袋をしていても手が切れるみたいに冷たい!
愚僧んちのワンちゃんはワンちゃん用の服を着せてはみたけど
ワンちゃんが嫌って脱ごうと身体をもぞもぞしていたので 服を着せるのはあきらめました(*:*)  散歩中 出会う人が『ワンちゃん寒くないかな~~?』と心配してくれるから 服を着せようと挑戦はするのだけど ワンちゃんが嫌がる! まあ ワンちゃんの意思を尊重するか? と愚僧はあきらめています!    
良くワンちゃんは人の言葉が分かる? 人間の幼児と同じレベルかも? 等々 云われていますが・・ 長年飼っていますと 以心伝心ではないですけど・・ ワンちゃんと心が通じているような時があります。 ワンちゃんと目を見つめ合うと ワンちゃんの言いたいことが分かる時もあります。 時に ワンちゃんが 喋ったら 面白いだろうな~~と思ったりすることもあります・・ 良く 保育園で 幼児が家の事 何でも喋って家庭の事が皆 分かる?「昨日ね パパとママがケンカしてね!」 とか 色々お話ししてくれる~~ってね?
これと同じように ワンちゃんが喋ったら 家庭の色んなことを散歩中出会った人にお喋りして飼い主さんは 赤面って~~  これって面白くないですか? 実際 愚僧んちのワンちゃん 数年前まで近所の可愛がってくれる奥さんに相手をしてもらったら・・その奥さんの耳にワンちゃんの口を近づけ・・「ウッウツッ ワン」とか 口をモゴモゴ動かして丸で喋っているみたいでした? その奥さんは 「ああ~あ そうなん そうなん?」と相手をしてくれていました。 我々 人間が口を動かして喋っているのを見て ワンちゃん自身 口を動かしたら 喋れるじゃないかな? と挑戦していたんじゃないかな?  ワンちゃんは生まれてすぐ 人間界で育っているから自分も同じに喋れるんちゃうかな?と思っても不思議じゃないです。 とこんな風に 毎日の介護の合間にワンちゃんと遊んでいます 変な愚僧??で~~す?

ぼくちゃん パパさんの短い足の上で寝るの大好き!
だって 落ち着くんだもん??
 今日は外は雪:::* だけど  外で遊ぶより
ぼくちゃん 暖かい所が良い~~   だって 老犬だもん!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。