隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーとの日々の会話?

朝 5時起床 室温10度 外気温2度
  風がすご~~く 冷たい・・・・
ワンちゃんと散歩^~^
パートナーは散歩から帰った音で起きてくる!
  今日もいつもの朝~~  平凡な朝 これが 一番!


今日は建国記念日🎌 休みがすごく 増えた~~  
パートナーは今日は予定はなし!
朝からいつもの席に座っている!
自分でベットから来れるから良し!でしょうね?
でもただ 座っているだけで 他は何にも出来ないから チョット寂しい気がする?
愚僧がいつも パートナーに聞くこと
第一声は 「トイレ行った?」です。 食べてチャント出る これが人間基本だから・・
第二声 は「何が食べたい? 今日はパン?ご飯?」  今現在 まだ 固形物は食べれるんだけど  箸が上手い事使えない・・?
だから いつも 箸とホークとスプーンを揃えて 出すようにしている。なるべく 自分で食べてもらいたいから~~これもリハビリ!!  でも 食べた後は大変! 子供が食べたみたいに~~? いつも パートナーにはお盆に入れて 食事は出すんですけど・・ このお盆の中が大事(おおごと)になっている。 このパートナーの食事中には パートナーの椅子の下にワンちゃんが座って 上から パートナーの食べる時に落ちてくる物を待っている? ま これも良いか? と 愚僧はもう笑うしかない?
第三声  「今日は何をするの?」 その日のパートナーの予定を聴きます?
   ・・ というような会話が朝から始まります・・
 パートナーに色々聞いて喋ってもらうのも リハビリ!! パートナーもこの事が理解できており 一生懸命 喋ってくれるけど・・ 愚僧は パートナーが何を言っているのか?分からないことが多く・・良く何度も聞き返す? なるべく 何をしゃべっているか 分かってやろう?と思うけど・・ 何度も聞くのはパートナーは「何度も聴いて良く発音出来てないのか?」と思うかもわからないけど?  何度もお喋りするというのも リハビリ になるんだろうなあ?? と勝手に解釈して 聞き返してしまう❓   なんでも リハビリだ! と させている愚僧です。 この様な たわいない日常がいつまでできるだろうか❓ 平凡な事が幸せに感じるこの頃です?
  ね ワンちゃん

 今日は寒いけど ここは太陽が当たって暖かい~~
ぼくちゃん 今日が誕生日 17歳!!
 この何気ない日々がいつまでも続くように~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。