隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーは お喋りを頑張ってま~す!

朝 5時起床 室温20度 外気温16度 暖かかったけど 外は雨☂⛆
ワンちゃんも濡れるのは嫌みたいで 散歩に出たけど・・すぐ帰った!
パートナーは起きてきていた? パートナーはトイレ 失敗するのを非常に気にしているみたいで 夜中チョクチョク 起きてトイレに行っているみたい? おかげで今朝も 失敗はなし!! その気になればできるじゃん?
 昨日 パートナーを送ってくれた ディサービスのリハビリの主任さんが 愚僧に一言 「最近 パートナーさんは 良く喋れるようになったよ?」と・・・
実際 昨日は帰ってからも良く喋っていた! その内容は愚僧には喋っていることの半分しか?理解出来なかった? 何度も何度もパートナーが喋っているを聞き直して やっと理解できる・・と言うぐらいだった。 でも パートナーが積極的にお喋りすることは 歓迎するべきである。 ハッキリと何を言っているか?分かる 分からないと言うことより お喋りすること自体が パートナーに取ってリハビリになるので これからも積極性をもっておしゃべりして欲しい・・ この為には 愚僧は パートナーの喋っていることをなるべく理解することが大事だ思う? でないと パートナーはお喋りすることに自信を失って だんだんお喋りを止めてしまえば実も蓋もなくなるから・・・・ パートナーに おしゃべりしたことが相手に通じるんだ!と言う自信を持たすことが一番 重要な事 で病気の進行も遅らすことになるんじゃないかな?  パートナーのリハビリは 普段の日常に於いても行なっていくこと! と改めて 肝に念じた愚僧でした!
ね ワンちゃん そう 思うでしょ
ぼくちゃん 今日は雨の中の散歩で疲れた~~

      ちょっと 動いたときに撮ったらだめ!
ぼくちゃん 疲れた顔をしてるだろう?
      ママさんお互い頑張ろな!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。