隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーの最近の食事風景?

朝 5時起床 室温17度 外気温 8度 寒くなったり 暖かくなったり 安定しない?
ワンちゃんは愚僧の枕元で寝ていたので起こして散歩!
最近気が付いたのだけどワンちゃんって 寝起きが良いなあ~?
パートナーは散歩に出るころ ゴソゴソ音がしていたので 洗面にでも行くのだろう?


最近のパートナーの食事風景は 相変わらず幼児が食べているようだ?
いつも お盆に載せて出しているけど 食べ終わったお盆の中は ご飯粒をはじめその副食と混ざって 丸で お盆の中に 混ぜご飯ができているみたい? 
パートナーは 箸 フォーク スプーン 先割れスプーン と考えられる用具を出して それぞれに応じて 一番食べやすい物を利用して食べてくれ?というようにしてある
 その食事用具はどれも思ったようには使えないから 大変だ と思うけど 自分自身で食べるように お盆にその時の 食事 を全て並べて 「はい どうぞ」といって出すだけ!・・ほな 箸を使って食べていた  と思えば スプーンで・・時に 「スプーンの小さいのを取って?」とか 注文があったり・・ 苦労しながら 何とか 口に運んでいる? けど 口に運ぶまでに こぼれるのも 結構ある? 食事時間も結構 かかるけど~~「ゆっくり食べてや~~?」と声がけはする。 だから 愚僧の倍の時間はかかると思う? これもリハビリの一環として大事なことだと思う❓  で その食事中のパートナーの椅子の下には ワンちゃんが陣取っており・・ 上から落ちてくるのを 待っている?(笑い)
まだ 固形物 普通の食事ができるから 病気の状態としては 良いほうだ! 更に進んでいったら・・食事もその状態により 色んな制限が加わると思う? 
一人で食べられるのはいつまで出来るだろうか?  
今は今の事しか考えられない?愚僧でした!  
ね ワンちゃん

ぼくちゃん ペット用のドライフーズが主食だから 
      ママさんの落としてくれる 人間の食事 珍しくおいしいよ!
      ママさんが食事の時は楽しみ! だから いつも その下にいるんだ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。