隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

春の時候と同じように病状は落ち着いているよ?

朝 5時10分 起床  室温19度 外気温 13度 春の朝~~って感じ
ワンちゃんは愚僧の枕元で寝ていた! 共に起きて 朝 一番目の散歩
外ではだれにも 出会わない・・・段々 明るくなってきていく春の朝・・・
パートナーは散歩に行く時に起きて来ていて 洗面に・・・


パートナーは今日はディサービス!! 朝は失敗はなく機嫌が良い!
食事の時は良く 食べたものを落としてズボン等を汚すけど・・・
今朝は 綺麗に食べて 下には余り落としていなかった? 
          ワンちゃんはがっかりだったでしょう?
朝 施設のスタッフが迎えに来る前にパートナーを立たせて 
今 履いているズボンを綺麗にふいて上げた!やはり身だしなみは大事でしょうから・・ 又 最近はパートナーの病状は落ち着いているから 身なりも本人なりに気になっているみたいやし~・・・ でも 今日 着て行ったのは 一昨日から来ている衣だから 愚僧は「それを今日も着て行くの?」 と聞いたら  「うん これで良い!」
と 余程 今の服装が気に入っているんでしょう?  まあ パートナー本人が それで良いというんだから  良いでしょう?そのままの服装で送り出した!  
現在 パートナーの病態は 黙って座っていれば どこが悪いのだろうか?
 と思えるぐらい 全く健康な人と変わらない・・・けど トイレ等 行く時には
手すりを持って すり足で 腰は引けて・・ やっと 歩いているという状態・・
だけど 思考面では普通の人と変わらないので・・ 愚僧に あれはどうしたの? これはどうしょう?等 色々質問 並びに 色んな指示があり愚僧は結構使われている? 
という感じですので パートナー本人の言っている事は尊重して なるべく本人の思った通りにしたいようにさせている? 
パートナーがこの病気に罹った最初の頃に愚僧が思ったよりも パートナーの病状は進んでいないので 最近は ちょっと ホッとしています? けど 段々良くなっている訳じゃあ~ないから・・ 気を抜かずに注意はしておかないと~~~   
今日は雲一つない 晴天 春~~って感じの気持ちのいい一日・・
パートナーの病状及び気持ちも 現在はこんな春のスッキリした感じなんだろうな?
ね ワンちゃん!  ワンちゃんの元気を少し パートナーに分けてやってや?

ぼくちゃん 毎日 元気 元気 
      ママさんに この元気を分けてあげたいけど・・・無理やね?
ぼくちゃん いつも 体調を考えて 散歩のときの距離を考えているよ?
      そして 普段 寝れる時は寝ているよ? 体力温存
ぼくちゃん 家族に気を遣うよ・・ いつも顔色を見てるでしょう?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。