隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

なにごともな~い日曜日 愚僧はお説教へ

朝 5時10分起床 室温21度 外気温 16度  今朝は暖か?
今朝は東の空が明るくなっていたので飛び起きた?n
ワンちゃんはもう起きて、いつでも散歩に行けるところにスタンバイしていた?
パートナーは先に起きていて おトイレに行っているみたい・・・
いつもの ワンちゃんとの散歩! 外は明るく もう懐中電灯は必要なかった!
パートナーは今日は何もなく!ゆっくり いつもの席で伏せて眠っている? 
「ベットに行って寝たら~?」と声をかけるが・・・
「夜! 寝られなくなるから~ 」とやっぱ いつもの席でうつ伏せに寝ている?
(ただ 普段はラジオをかけているので いつも 音楽等は耳に流れている)
 最近は暖かいから 何も掛けずに眠っても風邪をひくことはないだろうから・・その点は 安心!  時々 顔を上げて 「トイレ」と言い やおら 立ち上がり ゆっくりこけない様に手すりを持ちながら トイレに・・・   ← 家にいるときは 動くのはこれぐらいかな?  まだ 自分で行けるから良いか?
 愚僧は今日は 昼から お説教に~~
そこのお寺さんは毎年 この時期 春供養に愚僧を呼んでくれる・・・
もう 十何年 続けて伺っているけど・・年二回 春と秋 毎回 同じお説教を・・と言う訳にはいかず・・毎度 違ったお話をさせてもらうけど・・ 最近は愚僧は勉強に本を何度 読んでも要点を何回書いても・   なかなか 覚えられない? 記憶力が落ちてきた(*:*) 仕方がないので 今、現在自分の領解していることを纏めてお説教するようにしている? 昼からの説教なので 眠りを誘う睡眠薬になりそう? 
で  この寺院さんは現在住職さんはいません!そこの息子さんは今 大学生で 自分の好きな学業をしながらも また 僧侶の資格取得をも目指している・・資格取得は最短3年はかかる(夏休み中又は他の時期に本山で集中講義?が行なわれています。)  けど・・ 二頭追っているので 時間が幾らあっても足りないと思います? 最近は跡継ぎのないお寺が多くなってきているけど このお寺さんは安心! 
 だから 愚僧は そこのお寺さんでは一人で何もかも?やっている? 先ず 法要のお勤めをし 塔婆供養・・ そして説教と 一人三役! たまに そこの跡継ぎの息子さんがいれば 練習がてら・・お勤めの 維那(イナ←お経さんの最初の発声?)をしてもらう?   後継者がぼちぼちでも育っていくのは愚僧もうれしい?
この伝統宗教の世界も次ぐから次へと後継者を残していくのは大変です。今の時代
お寺離れが起こっており お寺の維持も これからは大変かも? だけど 住職自身に魅力があれば 自然と人も集まってくるから住職自身を磨いて オーラの溢れる温かみの僧になれば 今からも やっていけると思う? ほんまもんの僧侶をめざせ?
だよね  ワンちゃん!

ぼくちゃん 今 机の下に潜っている・・ ここは 安心な場所!
      最近はよくここに陣取っているよ?
      パパさんたちの近くにいて 誰にも邪魔をされないこの場所
                  お気に入りで~~~す?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。