隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーの病状は落ち着いている?から~~

朝 5時起床 室温 22度 外気温 16度  暖かい朝~~
ワンちゃんと朝 一番目の散歩  いつもと ちょっと違う  コース!
パートナーはワンちゃんが散歩から帰って起きてくる・・ いつもと同じ
   今日もいつもと同じ~~平凡な朝~  平凡の幸せ~~!
パートナーは今日は ディサービス~~~
朝 施設から 迎えに来るまでに・・
パートナーは 上から下まで 着ているもの全て着替える!
 今朝は別に失敗しているわけではないんだけど~~
  朝 一 に パートナーが愚僧に
   「今日は着替え行くからね~~?」
 「又 失敗したの?」
    「いや~~  ちょっと汚れてるみたいだから?」
 「ほな 上から下まで 着ているもの 全部着替えるの?」
     「うん!」
と言う会話が有って 全部着替えて ディサービスに~~
ディサービスに行きだして 約1年! 昨年はパートナーは 身なり など関係なく 着た切り雀 じゃないけど・・ 少々 汚れがあっても関係なく ディサービス等に行っていた!    所が最近 身なりを気にしだした? やはり 病気で歩行 おしゃべり等 不自由であっても女性だもの!身だしなみには気を廻したいよね?  このように パートナーは周りを気にする という事が出来るということは 現在 病気の方が落ち着いている証拠なんだろう?  良い傾向です!  
よくよくパートナーについて考えて見るに~ 昨年は病気の進行状態に任せていたのみでパートナー本人も気持ちに整理がついてなかったのでないかな~?
最近は病状も落ち着いてきているので 気持ち的にも楽になり 周りに気を回せるようになっているんだろうな~?  この状況が永く続くますように~~
 ね ワンちゃん 外の天気みたいに 気分が晴れ晴れ~~やね!

ぼくちゃん 今頃の天気 大好き~~
      朝の散歩 ぼくちゃんが小さい時 良く脱走(隙をみて家から飛び出した)
      して ウロウロした場所だったので あの頃が懐かしかったよ?
      幼犬で好奇心旺盛でやんちゃだった?
ぼくちゃん 犬族も人間も一緒  小さい時は みな やんちゃ!!で可愛い~~
      時には小さい時のこと 思い出すのも良いかも?
       平和  平和 平和の証^~^ 良い時が長く続きますように~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。