隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーが現在 出来る事?

朝 5時起床 室温25度  外気温18度 暖か~~い?
ワンちゃんは今朝は愚僧の枕元にて散歩に行こうと思い待機?
ワンちゃんと朝一番目の散歩! 今日は雨~~が降ると言っていたけど~~
   まだ 降っていない~  ワンちゃんはゆっくりと薄暗い中をあっちに寄りこっちに寄り^~^匂いを嗅ぎながら・・歩いている~~ 愚僧はまだ 眠いので 半分寝ながら散歩に付き合っている~~?
 パートナーは散歩から帰った音で起きて来た~~
 パートナーの眼鏡は愚僧がベット脇から 取って来てパートナーに掛けてやった?
   最近 パートナーはベッドの脇に置いてある眼鏡を取り損ね 良く 床に落としているので~~愚僧が眼鏡を取って来て掛けてやっていることが多い? パートナー自身が眼鏡を取ろうと思い・・失敗して こけてでもしたら・・朝から大変な事になるから  なるべく 危ない事は愚僧がするように気を付けている? 
パートナーは 滑って前に転んだ場合はいいけど・・ 逆に後ろに転び 頭でも打っていたら・・ すぐ 病院に行き 脳の検査をしないといけない~?(最近は無いけど昨年は2度救急車を呼んで病院に行き頭のレントゲンを撮ったことがある) 現在 パートナーが一番怖い事は 転倒して頭を打つこと!
 健常な人なら 危険な時には手で周りの何か?を掴むか? 若しは手を付き 頭を打つのを 防ぐことが出来るけど・・ パートナーは手の動きもそんなに反射的に動かせない? 
(現在は 手先(指先)はうまい事動かせない~~ だから 食事の時にはご飯が上手い事 食べられない? 箸をつかって食べたら もう ごはんはボロボロになり 口に入れるより こぼす方が多い? なので スプーンにすくって食べる方を好んでいる? ) 
 手指はボタンを留めたりは時間はかかるけど・・まだ何とか?出来る? だけど 包丁 ハサミ等 刃物は危なくて全然 使えない? 爪切りは 手も足も愚僧が切ったり 施設でスタッフに切ってもらっている?(愚僧は爪を短く切る癖がついているのでパートナーの爪を切るのはパートナーが怖がる?) また着替えの時には手伝いがいる?足の上げ下ろしは不自由なくできるし!手の方は一応袖に手を通すぐらいは自分で出来る・・だけど 一枚渡して自分で着なさい? は出来ない! どうしても 着替えは人の手を借りないと無理みたい?  丁度 2、3才の幼児程度の事しかできない?と思った方が良いかも??   まあ これぐらいでも 自分で出来る事があるから 幸せかも? 世の中には 寝たきりで 何にも自分で出来ない人も大勢いるんだから~~ と
考えるようにパートナーには言っている!
 ね ワンちゃん  ものは考えようだもんね?

ぼくちゃん 自分の事はなんでもできるよ~?
     散歩も ぼくちゃん一人で出来るから一人で行っても良い?
      なんちゃって~~ だめだよね? ぼくちゃんだけで行ったら?
ぼくちゃん 今日は大雨の中散歩で ビャビシャ☔☂ 
      パパさん 濡れた身体をドライヤーで乾かしてくれてありがと!
      早く ☂ やまないかなあ~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。