隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

愚僧の思い出の中のある出来事??

朝 5時起床 室温22度 外気温 18度 雨になりそうな曇り?
ワンちゃんと 雨が降らない内に 散歩”!
パートナーはいつもと 一緒  散歩から帰ったら 洗面にいた
     今日も いつもと 一緒で始まる 小さな幸せ
今日 日曜は パートナーは何もない ゆっくりの日にち?
世間では「母の日」 だけど 余りその雰囲気もない当家!口には出さないが 
パートナーはちょっと 寂しそう? 
この 母の日で思い出したんだけど・・・関連の事で母の日に直接、関係ないんだけど?
愚僧が19歳の時 中学時代からの友人とドライブに行こう?と約束した時のことでした。
その日! 愚僧は約束の時間を間違って 待ち合わせに遅刻してしまった~~ なので友人は他の友人と一緒にドライブに行ったそうです? まあ~愚僧が悪いんですけど~~~と諦めて 帰ったんですけど~~・・ その日の夕方のテレビニュースを見ていたら ある国道で自動車の正面衝突事故を報じていました 何げなく見ていたら・・ 一人死亡 一人重体とあり 名前が出ていたので見たら~~~ 何と? 昼間 ドライブを約束をした友人でした! もう 目の前が真っ暗XXXX
 その満中陰の日に その友人方を訪問して 焼香させてもらったんですけど・・・
その時  その友人のお母さんに
「本日はありがとうがざいました!」と月並みの挨拶を受け・・その後に
「先日亡くなったあの子の手帳を読んだら・・・ 貴方とその日 ドライブに行く と書いて 有った? 何で 遅刻をしたんですか?  貴方と 一緒 だったら こういう事になってないのに~~」 と 何十年も前 云われたことが まだ 頭に残っております!  その友人のお母さんは泣きながら 愚僧に言うんです? 言っても仕方がない事なのに ひょっとして一緒だったら  こんな事故を起こしていなかっただろう? と母親だからこそ 色んなことを思い 自分の気持ちをどこかに 持って行きたいのですね?
世の中 もしも?はないのだけど もしも?を期待するのです?  上手い事説明できないけど・・・・子を亡くした母親の気持ちなんでしょうね? この時は 何とも?愚僧は答えようのがなく 只 俯いていました! 
 ほんの昨日のような 寂しい過去の出来事でした!
歳を重ねると色んな昔の出来事を思い出します?それも良い事より 良くないことを~~
ね ワンちゃん

ぼくちゃん 今日は雨の中の散歩! 
      今は雨の中休みで 止んでるから~~
      雨なんか に負けないよ!
ぼくちゃん パパさん一家と17年 色んな想い出があるね
      まだまだ 思い出いっぱい 作ろうね?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。