隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

その時になって初めて分かる?

朝 5時起床 室温24度 外気温 18度  曇り
ワンちゃんといつものように 散歩! 誰とも出会わない
パートナーは散歩から帰った音で起きて来た!
今日もいつもと 同じ・・・このいつもと同じが 一番!
パートナーは今日は自宅入浴介護! 自宅での入浴が一番 落ち着くみたい


先日から夏みたいに暑くなってきた?
今年は5月に成っても 暑かったり 寒かったりで・・・冬物から春夏物に交換するタイミングが掴めなかった? だけど 昨日みたいに 日中 30度超えるようになれば・・・いくらなんでも 暑さ対応をしないといけないだろう? と思い~~~
夏仕様に切り替えました? パートナーは入浴の度にボチボチ夏用に着替えて居りましたが 愚僧は 少し薄着をしただけ? 着物 寝具等々 夏仕様に昨日!急いでしたのですけど・・
しながら~~今までは パートナーが して呉れていたんだなあ~~ 何十年も その季節になれば それなりに衣替えを黙々と~~   今 愚僧が自ら この季節の移り変わりの準備をするようになって 初めて パートナーの有難さを実感しました!  今までは 夏になれば夏用 冬になれば冬用 !! チャント準備してあって当たり前でした! この当たり前が当たり前にならなくなった今! これを陰で黙々としてくれていた? パートナーに改めて感謝の念が湧くのです!  人間って そうならないと分からないものですね? 頭では理解していても・・ 実際 その場になって初めて その苦労が分かる! 昨日 愚僧自身が その衣替え 寝具の交換等・・・しながら こんなこと ず~としてくれていたんだなあア~~   と 「今までに感謝 感謝」と改めて 感ずるのです!    ね  ワンちゃん?

ぼくちゃん お手伝いしようか? 
      エッ?  猫の手は借りても 犬の手は借りないよ? だって?
ぼくちゃん  手はないから~~ 足4本 やもん?  あしからず??


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。