隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

春から夏は平々凡々

妻は歯を4本失って・・新しく差し歯を入れてもらい 食べるには不自由しなくなったけど時々 具合が悪いのか❔ その差し歯を外しては入れてる?「緩いのなら調整してもらおうか?」と声をかけるのだけど‥「イヤ! これで良いよ チョット慣れてないから・・」と 本当の事はどうか?わからないけど? このままでいこう~と思っているらしい? もしかしたら?チョット調整して欲しいのかも?だけど また 歯医者さんに来てもらうのが面倒!イヤ これぐらいで往診してもらうのは・・・と遠慮しているのかも? と色々考えるけど・・私は元々面倒くさがり屋なので「まあ~~いいか!」とそのままにしています。  で 家の中での移動用の手すりをもっとチャントしてやらないと・移動中 転倒したら 今度は大ごと になるかも?と 今度 ケアマネージャーに出会ったら相談してみよう? と しばらくは このままで何事もなければいいや!!と
 趣味の時間をつくってその練習を・・ 家に居ても出来るしそれも簡単に~~と始めた 水墨画 やっていると結構 奥が深い・・何事もそうだけど!  「見るとするでは大違い」ですね! 継続は力なりと・・・毎日 1時間 しよう!! と誓ったけど・・これが元来 三日坊主だから・・・
 いつまで続くだろう~~ と初めて約二ケ月 まだまだ初歩の段階だけど 墨の濃淡と筆の走りに気を付けよう・・と目標・・で この頃の作品は↓

厚めの半紙だけど 水を結構 使うので・・皺が・・
でも まあ いいか! でいつも終わる 愚僧でした。 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。