隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

その病状の中でも小さな幸せを感じる事もある?

朝 5時起床 曇り 室温26度  外気温 20度 湿度が高いせいか?身体がだるい!
ワンちゃんは今朝は愚僧の枕元に寝ていた? だから 愚僧が目を覚ましたら?
   ワンちゃんとすぐ 目が合って ビックリした?
散歩から帰ったら パートナーは洗面にいたので 👀眼鏡を持って行ってあげた!
   今日も 何ごとも無く 朝が始まる~~~  この平凡さが良いんだろうな?
今日は パートナーは自宅入浴介護! この日が一番 良いらしく~ 朝から ゆったりしている?  因みに 今朝はパートナーは失敗はしていない! 昨夜 数回トイレにいったみたいだから?   パートナーに取っては・・ トイレに行く時も 手すりを持ち 一歩 一歩 手も手すりを伝い伝い~~ ですので 大変? それも早め早めに行かないといけないから?  今から夏にかけては 冷え込まないので夜中 トイレに行くのも楽になる時期だと感じます?  失敗が少なくなる時期?パートナー本人も気が楽だと思う?  だれも こういう病気に成りたくはないのだけど・・・ なってしまったんだから~~ その身体の不自由な中で それなりに 努力しないと本人も周りも 不幸になるし~ 逆に その状況の中でもそれなりに 頑張れば 笑いも生まれ 周りも明るくなる これも  これなりに幸せと感じる?小さな幸せ
ただ パートナーの場合 「なったんだから 仕方ない?」
とそれなりに 達観して 落ち込まなかったことが 愚僧の唯一の救いでした? 
パートナー自身に与えられた現状の中で 精一杯頑張って生活している事で周りが救われていることも多々ある?
ね ワンちゃん?

ぼくちゃん わがままばかり言うけど~~
      それなりに パパさん ママさんに 癒しをプレゼント!
      2人と一匹で 現在 明るく生活で来ているもんね?
ぼくちゃん  マイナス思考 より プラス思考が好きやもん?
      現状は替えられないから  
      その中で明るく 楽しく 偶に 冗談も良いながら 
     暮らしていこう~~~  これが一番 の幸せ~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。