隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

四苦八苦 逃げれるなら逃げたいよ?

朝 5時起床  晴れ 室温  23度  外気温 16度  
ワンちゃんと 今日一番目の散歩! いつもの おとなしいワンちゃんと出会う!
 今朝も パートナーは愚僧が散歩から帰ったら 
「今から着替えるよ! 手伝って~~?」
今日も洗濯爺さんの始まり~~
  今朝も いつもと同じように 始まる・・・・
仏教で言う  四苦八苦の 四苦のうち 生~老~病~死 と着実に歩んでいる?
生まれて日々生きて 老いが近づき 老いてきて 生きている限り病気もして~ 最後 死 へと向かう~~  今は 老いて 病気になり死へと向かう行程なり?
その間にに八苦中の怨憎会苦 愛別離苦  求不得苦 五蘊盛苦 と生を受け死までは様々色んなことがある。  
この四苦八苦の中で まだ 経験してないのは 死 のみですが・・・これも その内
経験するようになるでしょう? 
で 関西のある寺院いたころ  ある 信者のおばあちゃんが 
「おっさん 死ぬって苦しいんやろ?? それで今 練習しているですよ?」
「エッ 死ぬときの練習? ところで どんな練習をしてんの?」
「息を止めてるんですよ!  死んだら息が止まるしょうが?」
・・・・  愚僧は本人は至って真剣だから 笑ったら失礼かと思ったけど 思わず笑ってしまった!  周りの人もそれを聴いて笑っていました! 
 そして  その信者のあばあちゃん 「死ぬって 苦しいでんなあ~~?」と
関西のおばちゃんならぬ 元おばちゃん 死 という人生一大事のことも 笑いですごしてしまう みごとに 生きている人でした?
ね  ワンちゃん 

ぼくちゃん  難しいことは分からない? 
       ただ その時 その時を一生懸命生きているだけ?
ぼくちゃん  周りの状況をみながら~ その中で 生きているだけど
       一番  大好きな時は
       周りの人が  笑っているときが 一番 好き!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。