隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

 水墨画を描くことでも 学ぶことは多い?

朝 5時起床  晴れ 室温24度 外気温 19度
ワンちゃんと 朝一番目の散歩!
散歩から帰ったら パートナーは 顔を洗っていた? 
そこで 愚僧は「今日はどう?」 ・・・・「今朝はちょっと ズボンが濡れてる?」と
 今朝も 洗濯爺さんの始まり~~    
なお 今朝はパートナーのベットの整頓中~~ 
タオル地の掛け布団が一部 湿気ていたので 風の良く通る所に広げて干した? 
敷き布団は湿気てなかったけど~~ そのまま 風に当てている?
  これから こういった事は増えてくるだろう? 
で 愚僧の唯一の趣味である 水墨画(60の手習い)を描いていると色々考えさせられることがある? 水墨画を描くとき 愚僧は 下書きをせず 白い用紙を眺めながら 構図を決めて行くのだけど・・ 一番最初に筆を入れる時が 一番緊張する? 用紙によって その時の墨の濃さが違うのも勿論 水が渇いてからの墨の濃さ! 等々考えるけど この最初の点が 生きてくるか❓ただの 汚点となるか? 出来上がらないと 分からない所に 面白さと難しさがある? この最初の点が失敗の時は その絵は 最初から 描き直し~~? となることが多い? だが これら 気にいらない所があり  何とか?しよう~と 上塗りを重ねてしまうと~~それこそ 真っ黒になって 全部  おじゃん!
 全く 愚僧の生活と一緒?  ええ恰好しようと あれこれ 言い訳と つくろい を
重ねてしまうと結局 取り返しのつかないことに なってしまう(*:*)?
 水墨画を描きながら 愚僧の今までの色んな出来事を思い出して 赤面することが 多々あって 自分の事ながら 情けない事が多く反省ばかりしてしまう愚僧でした
  これでは丸で アメフトの 日大の監督と アメフトの問題の選手 みたいじゃないかな?
日大の監督側の汚点に更に汚点を重ねていく行為! 選手の 汚点をそのまま認めて清く反省する素晴らしさ!汚点が逆に命点となり生きる事がある?  と 水墨画を描くことに依っても色々勉強になっている愚図な 愚僧でした!
ね  ワンちゃん
ぼくちゃん  今日の暑さに 参っているよ?
       さっき 散歩に行ったんだけど~~暑ッ~
       夏に成ったら どないしよう?

 ぼくちゃん  暑さに弱いから~~ 皆さん 身体には気を付けましょう?


最近の作品 尾瀬ケ原 のつもり~~  笑ってやってください***( ´艸`)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。