隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーはパートナーなりに病気と仲良く?

朝 5時起床  曇り  室温 28度  外気温28度 台風の影響か?蒸し暑い!
ワンちゃんも暑苦しいのだろう?  散歩から直ぐ帰る?
パートナーは散歩に出るときに起きて来た?
散歩から帰って来て  「今日は濡れた?」・・ 早速 着替え 洗濯!
   ・・・ と いつもの朝~~~ 
今日はパートナーは何もない 一日  朝起きて来た定位置の 椅子に座りっぱなし~~?   そして 食事  トイレ 以外は 俯せて 寝ているわけじゃないけど 俯せている?  
 「眠かったら 自分の部屋に行って寝てきたら~~」 と声をかけるんだけど
 「今 寝たら夜 寝られない~~?」 と眠ってはないみたい?
若い時は幾らでも眠れたのだけど~~ 年齢と共に余り眠られなく なってきている?
「その内 ず~~と 寝てばかりになるから~」と冗談でない 冗談をいっていますけど・・   
 パートナーを見ていたら  元気な時には あれだけ動き回って働いていたのだけど この病気を発病して 歩けなくなったら~~途端に何も?しなくなった?と言うより 出来なくなった? この極端さもビックリだけど(*:*)   パートナーにしたら 動きたくても動けない ・・と言う現実! 口には出さないけど 我々が思っているより 辛い と思う?  でも  この大変さ 口に出しても どうしょうない? と言うのが パートナー本人に理解出来ているんでしょう?だけど この心境になるまでの 心の葛藤は凄かったと思う?  でも  最近は 冗談も言えるほど 心の整理がついてきたんだと思う?
あの 越後の良寛和尚!は 「災難に遭う時は 遭うがよろしい? これが災難をのがれれ最善の道なり」と言って居ます!    
現実は現実と受け止め 現実と如何に付き合っていくか❓ 
いくら嫌でも この現実と向き合い この病気と共に生きて行かなきゃいけない?
ほな 病気と共生の生き方しかないんじゃないかな?  病気を可愛がり 暴れないように~~これ以上 暴れずに大人しくしておいてね?  と・・・ その内 良い薬が出来るかも? その時まで・・・・??? 
ね  ワンちゃん 
ぼくちゃん  今日は蒸し暑いから バテテいるねん?
       このローカの板 冷たくて気持ち良い?

ワンちゃんがいつも足元を邪魔する~~
手すりをしっかり 持って?
一歩 一歩  確実に~~ 素足は滑らないから~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。