隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

ジワジワ進行の病気でも善い事もあるように~

朝 5時起床  ☂雨  気温22度(5時現在)肌寒い  日の出 5時50分
ワンちゃん 雨の中 気にせずに 散歩! いつものコース
パートナーは今朝も いつもと 一緒 
洗濯爺さんより今日も始まる~~


パートナーは今日は自宅入浴介護! 
朝からいつもの定位置の椅子に座わりっぱなし~~
パートナーは自力で歩けなくなってから トイレ以外 いつも座っているので
お尻にタコができているかも?・・・・
毎日がこれっていう事のない時が過ぎている~~ 
こうしたのんびりした時間に 脳内では ジワジワと病気が進行しているんだろうなあ~
何か?じれったい❓? 頭蓋骨を開けて 小脳の悪い部分を取り出して 新しいのと交換したろか?・・・ これが出来たら素晴らしいのに~~ 
何十年か?先には簡単にこの外科手術が出来るようになるかも?・・・ 
人間の科学の進歩! 考えたら凄い~~?   
人生 信長時代は50年  現在は 100年  倍になっちゃった!
だけど 長く生きるのが幸せとは限らない? いかに充実した人生を歩めるか?で 
「幸せだった  ありがとう」と言える 最後となれたら 良いなあ~? 
パートナーも今は大変だけど・・これから先の闘病生活! この闘病生活の中にも 
喜怒哀楽があると思うけど・・・? 最後臨終の夕べには 「ありがとう」と言えるように色んな面で善いことがありますように 祈るばかりです?
ね ワンちゃん
ぼくちゃん  いつもこうして ママさんの下に居るんだ?
       ママさんが食事中 時に何か?落としてくれるから~?
       ドックフードばかりじゃ 飽きるし~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。