隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

愚僧の若かりし頃に出会った医学生の話?

朝 5時起床  曇り 5時現在気温 22度  日の出 5時56分
ワンちゃんと散歩  日の出前の真っ暗の中の散歩! 誰もいなくて 気分が良い?
パートナーは5時には起きて来ていたので 先に介護パンツを替えてから散歩に行く?
 このようなパタ―ンがいつもの朝の様子になりそう~~


今日は3連休の最後の日だけど いつもと変わらぬ一日が流れる~~
毎日 毎日  同じような日常なので今日は何日で?何曜日?という事が ピンとこない?  愚僧が数年前 脳梗塞をして 2、3週間入院していた頃 朝 看護師さんが 体温等検診にきて その時 「ここはどこ? 今日は何日? 何曜日?」と毎日!同じ質問していた? 最初 突然 云われたら「えぇーーと」になっていたけど その内 毎日同じことを~~というようになる?痴ほう等の関係でいわせているんでしょうけど~~?
 実際  病院に入院していたら  今日は何日で 何曜日? って 余り関係ないから 気にしていない? これが毎日 働きにでていたり 社会と関わり合いがあれば 今日は何日で何曜日は非常に関係するけど~  という事で・・・
 患者さんに関係あることを 質問してや?と思っていた? 病院側は自分たちから見ないで 患者側 目線で 見て欲しいなあ~~ と入院中は思っていた
 ちょっと 話は違うけど・・ 愚僧が 京都の本山に居た頃の ある日 近くの京大の医学生がやって来て色々 お話したことがあります?  その中で 外科を志しているある学生は 「患者さんを人間と思っていたら メスが入れられないよ?物体と思わないと~」とある教授は指導していたけど 私は 「生きている魂のある人として メスをを入れたいなあ?」と言って居ました! 今でもこの言葉が愚僧の耳に残っている? この医学生は今は患者に寄り添った 良いお医者さんになっているだろうな?
ね ワンちゃん 相手に寄り添うって大事やもんね?


 ぼくちゃん 周りの様子をいつも窺がっているよ?
       警戒心が高いからね?だから寝ていても 耳は働いているんだよ??

ぼくちゃん  散歩中でも色々 気になる~~
       この草 気になる~~ 何の匂いだろう?
       ぼくのテントリー~~ 変わったことがないように~~
       でも  散歩は 楽しい♬ 
       広い広い 何ごとも こだわらない心🎶

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。