隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

病気を抱えた者同士の老々介護?

朝 5時起床  曇り 気温 17度(5時現在) 日の出 6:12
パートナー  ワンちゃん 共に朝の予定は いつもと一緒?


パートナーは 今日はディサービス?
先般 今回 早くお迎えして頂ければ 有難い?・・・とお願いしていたので・・
今日はいつもより 20分も早く お迎えが来ました? お迎えのスタッフには 早く来て頂くのに 早く出て頂いて  ほんま  有難いです?  というのも・・・
今日は愚僧が三か月に一回の受診日(数年前の脳梗塞の経過とその薬をもらうため)
でしたので 早めに 病院に行きたかったので無理にお願いしました?
又  今日は他の病院にも行かないといけない日だったので  愚僧は 今日は病院のはしご! 今日は連休明けの日でしたので 予約なしの病院は 待ち時間がすご~~かった!!  この病院と病院に行く間に 自宅に帰り  ワンちゃんの散歩!!!
          身体が2つ 欲しかった???
でも 普段 なにも予定がないのに 有る時は 2つ も 3つも重なる? 
これって不思議ですね?  高齢者でも前期だ と思うけど・・ 病院 病院と通わないといけない? 
経済が景気が良いのならいいけど?? 病院&寺 が忙しいのでは???自分がその身になって初めて分かりました?? 因みにお腹が一杯になるくらい飲み薬があります?
 パートナーも身体障碍者?病院に世話にならないといけない身!
 愚僧も 何軒か 病院通い❓?   世間様に肩身が狭いなあ~~??
これが老々介護の現実です?
ね  ワンちゃん 
ぼくちゃん  朝から 一人?一匹で留守番?
       留守の時は 寝るのが一番!!
       パパさんママさんが居るとき 気を遣うもん?
        一人だと気楽に眠れる(^^♪   幸せ(^^♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。