隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

口には出さないけど病気へのジレンマ‽

朝 5時起床 晴れ 気温15度(5時現在) 日の出6:14分
今朝も寒いくらい~~ 
ワンちゃんと一番目の散歩!夜明け前 新聞配達の人くらいしか 出会わない?
パートナーは散歩前に起きて来たので 介護パンツを替えた? このパンツにしてから パートナーの朝の着替えが無くなり 愚僧は凄く楽になった! 


今日は自宅入浴介護🛀  
パートナーは自宅にいる時はいつもの席にうつぶせでねているだけだから・・
何か?予定がある時には目が生き生きしている? 
やはり 何か?ないと人間はボ~としているものなんだろうなあ~? パートナーは運動機能が低下 若しくは機能しないので 動かし難いから動かさない? だから 家では トイレ以外立ち上がって歩くって事はない❓  
偶にワンちゃんの散歩に愚僧が行く時に
「今日はワンちゃんの散歩に行ってくれる?今まで良く言ってくれていたじゃないの?」
と冗談で声を掛けて見ると
「できない事!無理云わんといて!!」と半分怒ってように返答してくる?
 パートナーは口には出して言わないけど・・自分の身体がこのように 動けなくなったことに 自分で自分が情けなくなっているんだろう?以前のようにサッサッと歩きたい気持ちは充分あるのに 身体が言う事を利いてくれないもどかしさ(*:*):
それに 増して 口で訴えようと思っても  そのお喋り面も余り喋れない??
 ほんま  情けないと思う?? 
 最初  まだ 病気の名前もどんな病気かも分からず 病状もまだ余り出てない時!(普通に歩けていたし お喋りも出来ていた)この時分の事 
お医者さんが「可哀そうだけど 小脳萎縮症ですね!」と診断が下された時?
 この病気の事がまだ良く実感できて無かったけど?? だんだん 今のように進んでいくから・・可哀そうに~~ という言葉が出たんだと推察します? 
頭では 病気の事が分かっていながら 病状が出ないと 実感できない!?のが我々 人間です! 内心 この様な病状が出る事を 否定していたかったのでしょう?ね!
ね  ワンちゃん
ぼくちゃん 年には勝てないよ?
      散歩は好きだけど 散歩後はしんどいから~~
      帰ったらいつも 寝てるんだ? いつも 休養🎶

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。