隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーの料理?無理かなア?

朝 5時起床  晴れ 気温 14度(5時現在)  日の出 5時27分
朝一番はパートナーの部屋へ・・今朝も 横のままにて 愚僧を待っていた?
介護ベットを入れているからその操作ボタンを押して背中部分を起こせばいいのだけど・・・ パートナーはそのボタンの操作が出来にくいので使用していない?
 ワンちゃんの散歩・・いつものコースを暗い中 見回り?かな?


今日から 料理の方も介護の方から来てくれます?
只  パートナーの料理の補助手伝いと言う名目ですが~~ もう 最近はパートナーは包丁は持てないし持てても 思うように使えないので 野菜等を切ることはできない?
又 足が悪いので・・コンロ等の前に立って出来ないし・・ 料理と名の付くものはパートナーには無理なようで~~~?
 ほな  何を・・?という事ですが 料理補助の人は パートナーに 味を利いてもらったり混ぜ物がある時は混ぜてもらったり・・と初めて料理を手伝う幼児と同じようなことをして料理を作るのに参加してもらう? 又 その間に 色んな話をしてお互い会話をして頂くとパートナーに取ってはお喋りの方面のリハビリになるし 世間と半隔離みたいな養生生活に世間の色んな出来事に接して 少しでも精神的に刺激になれば???
 有難い? パートナーに取っては一石二鳥になるかも???
パートナーは段々 進行していく病気なので世の中から遠のく気分になる?だから
今までの生活から療養生活へと入るまでの間 何年の間かは分からないけど? この間 世間の普通の生活が出来るように(何をするのもパートナーに参加できることがあれば参加してもらいたい)この為に周りも協力していくつもり?
ね ワンちゃん
 ぼくちゃん ママさんの食事の時にはママさんの椅子の下に待機?
       ママさんが落としてくれるからそれを掃除するんだ?
       普段 ドックフードだけでは味気ないから 色んなものが食べられて
       愉しみだよ🎶
 ぼくちゃん  ごはんも好きだよ?  美味しいもん?
       いつも こんな目でママさんを見ているんだよ~~(^^♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。