隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーの介護も一年半?

朝 5時起床  曇り 気温12度(5時現在) 日の出 6:29
パートナー & ワンちゃんの朝の始まり いつもと一緒!
    良いも悪しきもいつもと同じが良い?
晩秋から初冬に向かう今日この頃! ピりッと肌寒さも加わり 一年の内で良い時かも?
 人生に例えれば 成年期から初老に差し掛かった時期なんだろう? 人生の集大成の時かも? 
愚僧はこの時期を過ぎ もう冬かも? 過ぎ去れば 「アッ・・」と言う間だった! 
 百歳のおばあちゃんに 「100年 どうだった?」と尋ねたら
「100年立った気がしない? もう 100年?」と言って居た?
過ぎ去れば速いものです? 一年も一緒 今年も 後二月を残すのみ??速いですね?
 パートナーの介護も一年と半年!
一昨年の春  パートナーはワンちゃんの散歩から帰った時 玄関で倒れて・・二 三 日寝付いた!それから起き上がった時には もう 足に力が入らなくなっていて 手すり等を持たないと 自力では歩くことが出来なくなった? 寝たきりにならなくてよかった?とその時は思ったけど・・ 自力で歩けないという事はものすごく 不自由なものです? トイレ一つとっても・・余裕を持って行かないといけないし・・ トイレ内も 足が弱っているので 非常に 用 を済ますのが大変らしいです? 健常で満足な時には分からない多くの大変さがあるらしい? 今まで自分で出来るのが当たり前が介護なしで出来なくなる?ことの自分(パートナー)の情けなさが良く分かります?
 この時から 一年半! 病状は ボチボチと進んでいるけど~~ 目に見えて進む訳じゃないから 介護もそれに合わせて変えていく? 変えるというより 段々 手が掛かり 介護面の仕事が多くなるって事です! そして 介護設備も進み具合に応じて対応していかないと~~?  介護をする時に大事な事は パートナーの健康状態を最良に保つことであり  愚僧も自分の健康と体力を保たないといけない事?これが一番大事!
何せ~  老々介護やもん? お互いに気を付けないといけない年やもん?
 ね  ワンちゃん
ぼくちゃん  17歳 老犬の部類? 
       四つ足だから 一本足を怪我しても歩けるよ?
       いつも 動かすのが大事だから 毎日 毎度 散歩は欠かさない~~?
       歩ける間は毎日 散歩をするよ~?これも健康だからかな?
       で  今朝も ダニ除けの薬&寄生虫予防薬は飲んだよ?
       お互い お身体 大切にしようね?


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。