隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

年末の気忙しさの中でも 思いやりの言葉で・・

今日も5時起床! 室温 8度 外気温 2度  結構 冷える
ワンちゃんはまだ 寝ているので起こして 一緒に散歩
 明日が冬至なので明日は一年で一番 夜が長い! 
 今朝も外は 真っ暗!闇じゃござんせんか?  まるで 座頭市みたい~(古いなあ)


パートナーは今日は 訪問介護で 風呂サービスをしてもらう! 朝からはジーと いつもの席に座っているだけでは・・退屈そうなので ワンちゃんに パートナーの相手を頼んだ! なんちゃって~~
今日は 幸いに晴天で雲一つない暖かい日ですので~~窓拭き&窓の桟等の掃除
小さい家なのですぐ終わるけど・・アレもコレもと年末は気忙しい!! 


パートナーは昨日 ディサービスから帰って来てすぐに 『今日は歩行器でチャント歩けた!』 と喜んで言っていた。 チャント歩ける歩けないは? パートナー本人が一番気にしていたんだ~~   この病気で一番 苦しんでいるのは本人やし~~ 本人の気持ちだけでは どうしょうもないのがこの病気だから! 本人は周りの人以上に チョットでも良く成ろうと 努力しているんですね!  介護等周りの人たちは 良い時は褒めてあげて・・ 良くできなかった時は ズバリ 本人に言わず 『今日は調子が悪いね?もうチョット頑張ったみようか?』等々 相手に対して思いやりをもって接して欲しいな! 我々 の普段の何気ない言葉が 障害等持った人には 非常につらい言葉に聞こえる事もあるんですね!  今 パートナーの介護をすることにより 色んな事を学んでいる 愚僧でした!     ね!ワンちゃん? 

 

ママさんの相手 疲れたよ!   
ぼくちゃんもワンちゃんの世界では高齢者やもん
 又 眠たい・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。