隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

今年の抱負??って 毎年 同じやんか?

今朝 4時30分起床 外気温 3度 室温 8度
若い時は この時間には絶対!と言っていいぐらい~~ 起きられなかった?
この年になると 早く目が覚める!    
 居間の明かりを付けると・・ ワンちゃんも一緒に起きてきた!
パートナーも起きてきたので・・「散歩から帰ってくるまで寝ておきなさい?」と声がけ
  今年も朝から 同じような生活スタイル!!  今年もスタートはこれで良いのだ!


 新年二日目! 今年の抱負は・・?(この年齢になれば 改めなくても毎日が一緒!)
希望とやる気のあった頃のこと!
若かりし青年僧であった愚僧?は 有るお寺の法要にお手伝いに行った時 
そのお寺に説教に来ていた高名なお上人様が 若い愚僧?を見て話しかけてきた!
『21世紀は「ほんまもん」の時代が来る!間に合わせの人生じゃだめだよ?』
      と優しく諭してくれた。  (当時20世紀後期)
  まだ その意味が 字面だけしか解からなかった?若い愚僧でした!
 それからしばらくして 近所の由緒あるお寺の御老僧とお出会いしたとき! 
その御老僧が我々青年僧に向かって
『わしシャア~ 本山に行ったら「宿老」「宿老」と威張らせてもらっているけど~ 家の寺に帰れば ただの おじぃちゃん だから・・』
         と 控えめに気楽に話しかけてくれた!・・・
と云った若かりし頃聞いた話を今朝思い出した!
 その時から 毎年 毎年 自分の目標 として 「ほんまもん」 「ほんまもん」 
  と 心に言い聞かせて これまで来たけど~~
金襴の袈裟を脱いで裸になった心が「ほんまもん」にならならいと~~と変に力を入れて頑張って来た愚僧でしたが ほんまもん  って求めるもんと違った! 自分の心に自然に育つもんだった。ほんまもんって 外見じゃなく内面の悟り! 
悟 って 吾が心 と書くもんね!  
 わが心 もしも鏡に映るなら~~
       「さぞや 醜く映るだろう!!」
今朝の洗面台の鏡には
      「馬鹿になれない馬鹿がいた」  
      今年は 広く~広く もっと 広く をめざそう^~~^ 心だよ

ぼくちゃん もう老犬だけど~~まだまだ 自分を磨くね?
 今年も宜し~~く

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。