隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

車の運転はいつごろまで出来るだろうか?

今朝も5時起床 今日は外は真っ暗 曇りで星も三日月のお月さんも見えない・・
いつもと同じワンちゃんと散歩! 最近はワンちゃんは 散歩の時間が短い!
パートナーは散歩に出かける時に起きてきた。  外気温 2度 


今日は14日 日にちの過ぎるのは速~い 今朝の新聞に 「刑務所入る60歳以上の人は認知症検査!!」って載っていた。 愚僧もこの範疇に入るので 認知症の検査をしないとあかんかも????アッハ?
 先日 近くのお寺の老僧さんに有る場所でお会いした時「私は先日 車の免許証を返した。70歳過ぎて免許切り替えを機会に~~ 事故をしないうちに返納ですわ?だから今日は送り迎え付きでここにきている。」と話をしたことで愚僧も考えないとだめだな?と・・・先般 80何歳かの?認知症の老人が車の運転をして 通学中の女子高生を二人撥ねた事故が新聞に! こういう事故がこれから益々増えるんではないかなあ?  そろそろ団塊の世代がこの認知症の運転者(年齢的にはチョット早いかも)と同じような境遇になっていくし~・・?  という意味で 老人の免許証の返納時期のタイミングについて考えないと・・ 年齢が何歳?というだけじゃなく 現在 人それぞれ色んな事情で運転していると思うけど・・ 大阪に居たとき お寺の前の国道の片車線 妙に混んでるんです? なんでかな? とその混んでいる一番 前方を見ると その地区の90数才のおじいちゃんが軽トラを運転しているんです。 農機具小屋から自分ちの 田んぼまで軽トラで行っているんですけど・・ その ノロノロさに 周りの車はえらい迷惑で・・大停滞(**) こういった場合とか? 過疎地でバスの便がないから病院にも買い物にも行けない・・とか? 色んな事情があると推察するけど・・やはり 車は 昔から走る凶器 と云われているように
命が掛かっていることやし・・深刻に考えないとダメやし! 愚僧は年齢・・それ以前に自分の身体的な状態に左右される? やはり危ないな!という事が起これば 返納を考える時期になっているのかも?? 愚僧も事故を起こす前に~~ と考えないと~~ 
   事故を起こさ無いように・・・事故をして他人を巻き込まないように~!  
 ね ワンちゃんも チャント 右見て左見て注意して散歩しようね

ぼくちゃん 前しか見ないから・・・
ぼくちゃん 単純だから 思ったら周りが見えないから
        パパさん 止めてね!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。