隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

若いころの修行中の朝 !良き思い出

朝 5時起床 室温22度 外気温16度  
 フッと 若かりし頃を思う・・と 
 この5時起床は考えられなかった。 ただ 坊さん修行中には起床がこの5時? くらいだったけど~~ この修業時代 朝の早いのが本当に辛かった? 夏はまだ 外が明るくなっていたから まだマシだったけど~~冬場は外はまだ暗く 気温も0度前後の時もあった? だから この冬場は特に辛く 朝の掃除なんか?モップで床掃除するとき等 冷たいので水を良く絞らずに 床を拭いたりした・・ところが・・・拭いた端から~~ 板敷の廊下が真っ白に??? (絞り切れてない水分が寒さに凍ってしまう) 足はシモヤケ・・ もう つらいを通り過ぎ 諦め? そして 考えることは? 後 〇〇日 あと〇〇日 でこれも終わる・・・と修行の満行日のみ考えていた! 朝早いのも眠くて堪らなかったけど・・この冬場の寒さだけは・・もう どうでもヨカッタ!  だけど
今はそれも 良い思い出です!
 今の年齢になり 朝早くの ワンちゃんとの散歩 逆に朝の爽やかさを感じ 爽快です! 普段騒々しい街も朝早くは静かだし 時にすれ違うのは 新聞屋さんか 朝早くのジョギングの人 ぐらいだから 非常に健康的!  だけど 時々 救急車の音でこの雰囲気が壊れる(?:?) 
 ね ワンちゃん 

ぼくちゃん いつも寝ているけど 耳は起きているよ?
      これは本能で回りの危険を警戒してるもん?
ぼくちゃん  自然の野生をちょっと残しているんだろうね?
       人間さんも昔は危険もあったろうから・・
       耳も寝ていた時に働いていたのかも?
ぼくちゃん 朝の散歩はいつも楽しいよ~~ 時々 彼女と出会うもん
      でも 彼女の飼い主さんがすぐ帰ってしまうから悲しいよ~      

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。