隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーの夜はたいへん??かも?

朝5時起床 いつもと同じ ワンちゃんと散歩
最近は5時の散歩は真っ暗 7時頃からダンダン外は明るくなる・・・
昨夜はパートナーは何度もトイレに行った。
 パートナーは家にいるときには定位置の椅子に座っているだけで偶にトイレに行くだけで殆ど動かないから どうしても 夜が眠られないし眠りも浅いので何度もトイレに行くのもやむを得ないと思う!
 愚僧はパートナーがトイレに行くたび 目が覚める。 狭い家なのでトイレに入ったり出たりするたびにドン~~ドン~とトイレのドアを閉める音 果ては・・便器の蓋を閉める音! 深夜だから特に響く!! パートナーは特に細かい動きが出来なくて・・ドアの開け閉め・・等 力の加減調整が出来ない・・ただ開けて 閉めると言う動作が出来るだけマシ!  通常 我々はドアの開け閉め・・廊下を歩くとき等 夜の静寂を破らないように・・気を付けて行動をするのだけど・・ パートナーの場合は自分が動くのが精いっぱいだから~周りへの配慮は考えられない! パートナーが自分の出来る事を出来るようにやる!という事だけで 良いと思っている愚僧です!  尚 愚僧はパートナーが動きやすいように~~又 その時の色んな障害があれば考えてもっと使いやすくしてあげる?という事等?色んな問題が起こるたびにどうしたら?解消できるか?考えている!  尚 今回はトイレを使用しやすいように~~  現在 トイレの蓋の開け閉め 水を流す時の手動を 自動で出来るのに取り換えようと思っている?  
    ほな パートナーは非常に楽になると思う!
   障害を持っている人は我々が何気なくしている動作も非常に大変な努力をして
行なっている。 これを少しでも楽にする。 というのも大事かな~~   
 介護をしていながら色んな勉強をさせてもらっている愚僧でした。
  ね ワンちゃん・・・

  

ぼくちゃん 寝てばかりじゃなく時々は起きてるよ!
ママさんに最近は散歩に連れて行ってもらってないけど~~
 いつか? 一緒に行きたいね!  
ぼくちゃんは17歳のこの年までに 
腰を痛めて一週間養生しただけで 後は な~~んも悪いところは無いよ~~
健康そのもの~~  健康が一番!!  ママさんも早く健康になり~~い!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。