隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

今日は愚僧は朝からお出かけ~~

朝5時起床 室温 18度 外気温 13度 今朝は暖か!
 ワンちゃんと散歩 まだ 暗い夜明け前・・・
パートナーは今朝は成功! でも 昨夜トイレに2,3回行ったみたい
パートナーなりに失敗は気になるんでしょう・・・ それで何回も夜中にトイレに


今日はパートナーは何も予定なし・・・
愚僧は 朝からや野暮用で出かける・・・帰って来たのは夕方!
昼間一日 家を留守にした。 
 愚僧が朝から夕方まで留守にするときは ワンちゃんの散歩と パートナーの昼食!
それと 一番の心配は ポートナーがトイレに行く際 手すりを伝って行く時 誤って 滑ったり 手すりを持ち損ねて・・転んだりしていないか? もし転んでしまったら パートナー一人では起き上がることが出来ないので・・愚僧が帰るまでそのまま!
ワンちゃんはいるけど ワンちゃんでは パートナーを起こすことは出来ないし ただ 「ワンワン」なくだけやし~~・・・  という訳で 愚僧が出かけるのは 色々心配が多い❓  今日はワンちゃんの散歩は 息子に頼んで❓ 昼食は コンビニで パートナーの好きな菓子パンと飲み物を買っておいた! それと 何か?口が寂しく成った時  用に色々 お菓子等 テーブルの上に用意しておいた! 
でも 愚僧が出かけているときは やはり 上で書いたようにパートナーの事が心配!
パートナーに電話をかけてもパートナーは電話に出る事は出来ない(口が良く回らないからおしゃべりが出来ない!から電話に出るのは嫌がっている) だから 自宅に帰って パートナーの顔を見るまでは心配は消えない?  
愚僧が帰宅して玄関で 「ただいま~~」  「おかえり」の言葉で一安心 
今日も何事もなくて良かった~~~     
ね ワンちゃん  
ぼくちゃん 今日は気疲れした~~ 

ぼくちゃん 留守番が一番 いや~~寂しいもん
      パパさんが早く帰らないかなあ~~と思ってたよ?
ぼくちゃん 心配疲れで 疲れたっち   ぼくちやんも一安心!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。