隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

梅雨から夏へ・・

この時期はお寺はチョッピリ暇?(お寺が暇って?) 毎年この時期には余り法事は少ないし葬儀も滅多有りません? この時期の葬儀!雨の中 チョット・・暑さでムンムン・
衣替えは六月一日から夏物の薄手の衣に変えます。 外から見た目は涼しそうです。が 正装しますと、 やはり ムンムンします。 と言うのも・「着物って重ね着をするようになる訳じゃない!つまり 僧侶の場合でも 襦袢 白衣 色衣 袈裟(夏仕様ですけど)と都合4枚重ねており これに着物は前の襟のところで重なってきます。 だから夏は着物の中ではムンムンして大変です。最近は祭場での葬儀が多くなっていますので 快適ですがちょっと前までは自宅での葬儀が殆どでした。自宅の座敷の2間、3間に 祭壇 僧侶の席 遺族親族の席・・と ぎゅうぎゅう詰め (**) クーラーのある家は少なく、有って使用しても全然効かず・・増して障子等建具は開けっ放し・扇風機は風が祭壇のロウソクを消しますので祭壇の横の方から、、だから 我々にはあまり風は当たりません(::) これでは蒸し風呂になります。  外は雨・・では 本当にムンムン・・・途中「おしぼり」が配られる時がありましたが、大変うれしかった  この、ちょっとした心遣い 有難いですね!


ところで この梅雨時のワンちゃんの散歩は通常と同じ!雨が降っていても朝早くから 家を飛び出していきます。 散歩時間 いつもの如く 約20分 もう ワンちゃん全身びっしょり・・私は傘ですが 足元がびっしょり・・ 家に帰ったら ワンちゃんの身体をパスタオルで拭いて その後ドライヤーで乾かします。 ワンちゃんは家族!だから家の中で飼っています。・・こういう訳で 特に濡れた体では家に上げられないので散歩の度に ドライヤーで・・・   雨の中で散歩中 同じく散歩をしているワンちゃんを見ますが ワンちゃんに「カッパ」を着せてる人も多く見られます が うちの愛犬 最初は「カッパ」・又は体に防水用のビニールを巻き付けてみたりしたのですが・・いずれも ワンちゃんが嫌がり その「カッパ」ビニール等をかきむしり、外そうとしたのでもう そのまま、での散歩となりました。   で ある日 雨の中 いつもの様に愛犬の散歩をしていた時の事 そばに車が止まり 助手席の窓を開け 中の 女の人が『この雨の中の愛犬の散歩 動物虐待でしょ!』と言い~~そのまま 走り去りました。 私は心の中で 「うちのワンちゃん 飼い主虐待!!」と思わずつぶやきました。
家に帰ってきた愛犬は もう 老犬なので・・↓

ぐったり~~とねています・・・・  つかれたワン!!
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。