隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーも気を遣い乍ら~~

朝 5時30分 起床 曇り  室温26度 外気温21度 今朝はちょいと寝すぎた?
ワンちゃんと並んで寝ていた~~ ので 一緒に飛び起きた?
共にすぐ散歩に行ったけど・・ いつも出会わないワンちゃん&人に出会った!
 パートナーは散歩から帰ったら起きていた? 
 今朝は面倒なので朝食は パンにした! パートナーは トーストを半分しか?食べない? で「足りたの?」  「うん これで良い」 と短い会話を交わし 愚僧は 薬をパートナーに渡した! この薬は 余り効かないけど? 小脳萎縮症の薬&パーキンソン病の薬の二錠! 筋肉のこわばりを緩和する効果があるそうです?が パートナーに聞いてみたら~~ 効果があるのか ないのか? 分からない?と言っていた?
 でも 現在はこういった薬しかないので 効果は 兎も角 飲んでいる? ちょっとは効いているんだと思うけど? 目に見えた効果がないので 分からない?
 今日はパートナーは ディサービス! 朝 スタッフが迎えに来る!
今日のディサービスに居るメンバー(介護等受けている人たち)は大人しくて?パートナーは 余り嫌がらずに行った! 尚 こういう ディサービスの施設で世話を受ける方は やはり そこに行っている同じサービスを受けている人たちの事が気になるらしい?
その来ている人の障害面じゃなくて その来ている人たちの性格! その施設での態度面の事だと思うけど~~ 他の人は関係なく我が儘な人? これは良いんだけど~~ 他の人の事が気になり他の人に「ああじゃ~  こうじゃ~」と口を出したり 憎まれ口をたたいたり~~
と いらぬ ちょっかいを出す人もいるらしい❓ 気にしない人は良いんだけど こういったことを非常に気にする人(パートナーも)はその事で いつも 不愉快な気分で過ごしているらしい~~?  人間 色んな人がいるけれど? それぞれ顔が違うように性格も違うから 仕方ない事だけど~~ こういった施設での そういった事は 皆さん 迷惑なんじゃないかなあ~~? けど 人それぞれ 一人一人の人格を護るため そういった 他の人の事も構わない人も 逆に それが迷惑な人も~~  その施設の中で仲良く 何ごとも無いように 過ごして行かなくてはならない? 
これが学校だったら いじめ に通じて行くのだろうなあ?
さすがに 社会の経験を積んだ老人たちだから 辛抱してるんだろうなあ? 施設のスタッフたち 世話をしてくれる人たちは大変だあ~~~~? 
ね ワンちゃん?

ぼくちゃん  気にしない~~ 気にしない~~
       今日は時々 雨が降って 湿度が高いから~~
       身体が しんどいよ?  こういう時はゆっくり 休む事
ぼくちゃん  パパさんの顔を見て 機嫌を時々みて 我が儘を言っているよ?
       でも やっぱ? 自由が一番! 
       周りに気を遣わずに~~ 自分なりに生きたいよ?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。