隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

やはり リハビリは大切

朝 5時起床  曇り 風が強し  室温 26度  外気温21度
ワンちゃんといつもの散歩! 今朝のワンちゃんはいつものコース!
パートナーは 散歩から起きて来たけど・・
  いつもの席に来る途中で こけた?
 「わ~~ こけた~」 と 小さい声で叫んだ?~~本人は大声だよ~~?
急いで愚僧は そこに行ってみたら~~
 手すりを持って 片膝を付いた状態で どうしようも無くなっていた?
すぐ 愚僧は パートナーを抱きかかえて立たせて 手すりを持ち直させた!


最近のパートナーは 腕の筋肉が落ち すごく痩せている。
だから ちょっと すべっても身体を支え切れなくなっている。 又
今日みたいに 片膝をついた状態でもちゃんと立ち上がり 手すりを持って歩きだす・・
という動作には移ることが出来ない!  
病気の影響で 手足を余り動かすことが出来ないのもあるけど・・ 
その動かさない という事で 逆に手足の筋肉が弱っきて 力が入りにくくなっている! 
という身体の運動能力の低下をも招いている~~ この悪循環が繰り返されて~~ 
だんだん 身体が動かなくなっていくんだろうなあ~~?     
やはり リハビリが大事な事をつくづく知らされました?   
パートナー リハビリ 頑張れ V×ε×V 
         今出来る事をなるべく 維持していってや~~~
ね  ワンちゃん
ぼくちゃん  毎日 散歩を欠かさな~~い 一日 6回!
       雨が降っても 槍がふっても 6回!
       これが ぼくちゃんの日課! だから 元気 元気

 

最近のパートナー
パッと見ぃ~~は 全く病気って分からない?

 夏に向かって 髪を短くしたよ~!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。