老僧の主夫(パートナーの難病介護の日常)

パートナーの介護の中での日常生活 日々感じたことや趣味 愛犬との付き合い 等

 老々介護をはじめ 三食 掃除 洗濯 等々
 老僧のニコニコ主夫のオタオタ日常

お盆前のチョットした時期の介護・・

ダンダン夏の暑さが気になるこの頃はお寺の方はお盆の棚経の段取りで忙しくなる時期で 気の早い・又 お盆中留守のお檀家さんは早めに棚経を頼んできます。毎年 気がソワソワする時期でしたが 一応 引退で息子に譲っているのですけど・・ まだ新住職としての自信が余りないのでしょう?  チョコチョコと 〇〇は?と檀家さんの名前 場所 何日❔の予定? と様々の事を電話 又 直接 尋ねに来る。。 来るたびに質問に答えるんですけど‥「おやじ・・おやじ・」と行って来るから・・いつも 「先住」 と云え と注意しています。何故か? 普段 このように呼んでいたら・・檀信徒さんの前で普段が出てしまうから・・日頃が大事と思って注意するけど・・なかなか直らない(*!*)
 ともあれ このような日常に 待ったがない・妻の介護面とワンちゃんの散歩等・・  住職をしていた時より忙しく・・なかなか 自分の時間が取れない(;!:)
 この様な時分ですけど 妻はディサービス 病院以外 家でジィ~と椅子に座っているだけ・・・ これでは 退屈で可哀そうですので・・ 車椅子を借りてきて 外を回ってやろうかな?と思い~~ 社会福祉事務所に行き車イスを一週間借りました(借りたいという申請だけですぐ借りれるし無料なので助かります) そして 天気の曇りの日に(晴れでは暑すぎます) ワンちゃんの散歩に便乗して 妻を車イスに乗せて ワンちゃんのリードを持ち ワンちゃんと妻と私の三人で散歩に出かけました。  が実際の所・・リードがそんなに長くなくて 前をチョロチョロするワンちゃんを何度も車イスで引きそうになったり・・ワンちゃんは道の隅や電柱の匂いを嗅ぎながら歩くという習性があるので 車イスを道の傍の塀にぶっつけそうになったり・縁石にぶっかったりとさんざん・・
ワンちゃんに説明しても分からないもんね!! でも 妻がいつもワンちゃんを散歩させていたコースだから・・ 結構 楽しんでいたみたい!! で この頃も妻のおしゃべりの面は余り喋れないし 言っていることの半分は分からないし・・・ 本人も分かってもらえないから・・余り喋ろうとしません。 リハビリ代わりに 相手に通じなくても 喋ると云う努力はしないと・・どんどん 「しゃべり」という意思の伝達が退化していってしまうから・・ 何度も聞き返しながら 言いたいことを理解するようにしています。
色々 考えさせられることは多いけど・・ ぼちぼち やっていこう・・・・
 という時期も 趣味(水墨画)は時間をつくりしています~~
最近の失敗作?

子どもの時の写生画みたい**  バックの山々と集落をもっと 薄墨にして
霧をかけたら チョットよくなっていたかな? まだ序の口にも入れてもらえない
 水墨画も奥が深い~~~ 皆様のお目を汚しまして申し訳ない!!      

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。