隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

幸せって? Φ 土 の字を ¥ が支える???

朝 5時起床 曇り 風やや強し気温27度 
          この温度でも風が有るので非常に涼しく感じる
 ワンちゃんは 今朝は4時頃から ゴソゴソしているし  パートナーも4時頃トイレに
 という訳で今朝は早くから目が覚める?  
朝 一番の 愛犬との散歩は気持ちの良い朝~~って感じで いつもの時間の倍はかかっている? 帰宅後  いつものように~~ パートナーは 「失敗!」  今日も 洗濯爺さんから一日が始まる~~    
月に1回  週に 1回  毎日・・というように 朝のトイレの失敗が多くなる~~? 赤ちゃん 幼児なら この逆に 段々 失敗は少なく成るのだけど~~  その逆で段々 失敗が多くなる? 介護の辛いところは  このように 良くなるという逆のコースが辛い? 良くなる介護なら喜ばしいのだけど~その逆は 段々 寂しくなります? 
 で  人生 100年と云われているけど~~ 
100歳のおばあちゃんに 「100年は短かかった? 長かった?」・・と聞いてみたら 「短かったなあ~  アッという間?」と答えてました! 過ぎ去れば 「アッという間に過ぎる人生」 良い人生だったか?  良くなかった人生なのか? 死ぬときに 自分で分かると思う? だけど 人生 最後になるに従って 上り坂の良い人生であれば良いなあ?  パートナーと 結婚して40数年? 今までお互い 一生懸命に生きて来たから~~今まで 幸せ だったか?と聞かれれば「これまでの人生 特に考えた訳じゃないけど~何事もなく 普通に生活出来たことは幸せと呼ばないといけないだろうなあ?」 幸せって何を言うのか?未だ分からないけど~~ 土と¥ だから 地にしっかり足を付けて それに ¥があれば 良いのかも? なんちゃって????     
 これから何年介護生活が続くか?分からないけど? パートナーも 愚僧も 最後 
臨終に「お互いの出会いに感謝して息が切れれば良い?」 これも人生 喜怒哀楽 良きにしろ悪しきにしろ色んな事を経験させてもらって 有難いよ? 
愚僧はもともと 偏屈だから 平々凡々の人生は送りたくなかったから~~ 
ぼちぼち人生の総括に掛かっているこの歳になり~~ 
今まで介護というものは他の人の事でまさか?自分が~~と思ってみなかった事!だったし~~ それも させてもらって~~~❓?  
四苦八苦 の 生 老 病 と 経験させてもらって^~~^最後に 死 を経験し 旅立っていく?   
人生 長くて百年! この世に生を受けただけでも もうけもの?
 ね  ワンちゃん  出会って良かったね?
 ぼくちゃん  ママさん パパさんと出会えて良かったよ?
        出会いで 犬生 変わるもんね?
        お蔭で 17歳まで元気 元気 
        病気はしなかったし~~ 腰痛は有ったけど?
        腰痛 2、3回したね❓この時 一週間散歩なしでつらかった?

いつも  パートナーの歩行を邪魔する ワンちゃんで~~す?
ときに 足がぶつかって「🐕キャン~キャン!🐕」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。