隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

介護スタッフの細かい心遣いは嬉しいなあ~?

朝 5時20分起床  晴れ  27度(5時現在) 熱帯夜が続く~~
                       地球はどうなっているの?
ワンちゃんと今日 一番目の散歩に行く!
    今年は地面が温かすぎるので?? 足がやけどをしたワンちゃんが多いそうだ?
パートナーは朝 散歩に出かける前に起きて来て
   「濡れた?」と一言・・・・    
ワンちゃんが うるさいので 散歩から帰ってくるまで  
パートナーはそのままでいてもらう?  急いで ワンちゃんの散歩を終わらせて~~ 
パートナーの 着替えを~~    今日も洗濯爺さんから 始まる 愚僧でした?
 今日はパートナーは 自宅入浴介護! 最近は 入浴介護と云いながら 入浴中 歌(童謡 唱歌 が主)をスタッフと一緒に歌っている?
これは パートナーの言葉のリハビリにもなり一石二鳥で 愚僧は喜んでいる?  
いつも 入浴介護が終わった後で 愚僧は パートナーに 「今日は何を歌ったの?」と聞いてみる?
「たきび」   「今の時期 熱いやろ? 」  
「こいのぼり」 「この歌 二種類あるんだね?」
「え?」
「あの 屋根より高い♬ と  いらかのなみの♬  の?」 「あ そうだなあ?」
     と今まで不思議に思わなかった事に気が付く?
等々 色んな歌を歌っている~~♩  
普段 愚僧とパートナーは会話が少なかったのが これにて 会話が出来る?
 それと  スタッフが入浴の後に頭髪の乾かしたり漉いてくれている!
そして 歯磨きの補助! と 普段 パートナーが出来てないことを 補助してしてくれている? 
男の愚僧では気が付かないことを スタッフは細かく気を使って 色々 してくれる!  有難い!
  入浴介護と云いながら 色々 気を使ってくれる 介護スタッフに恵まれ感謝です?
ただ  決められた仕事だけして  はい 終わり というより  色んな面での細かい事項まで目を配ってもらえるのは介護をしている愚僧たちは本当に助かる? というのも 介護のみならず 家事全般をするだけでも 愚僧にとっては大変ですので  なかなか パートナーの細かい点まで気が回らないのが実情だから~~~
こんなことを考えてみると  今 盛んに報道されている 異国の人の 介護人 看護師さん・・・ 果たして 育った文化が違うし~ この日本の文化風俗等に溶け込んで細かくしてもらえるか❓心配です? また 介護ロボット?等 どうなんだろうか?
 これから先!日本はどうなるんだろうか?なあ??  
ね  わんちゃん 
ぼくちゃん そんな先の事は 分からない?
      今を精一杯いきるのみ?
      でも  散歩は暑い? 足も熱い?        

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。