隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

病気に勝つには心から~ 「念ずれば 花 開く」

朝 5時起床 曇り後☂ 台風がきている?  気温 28度  蒸し暑い
ワンちゃんと朝 一番目の散歩 まだ暗い 
散歩から帰ったら  パートナーは起きて 顔を洗っていた?  そして
愚僧に  「濡れた~~?」  と 一声!
   今日も いつもと同じ?   洗濯爺さんから一日が始まる!
今日はパートナーは自宅入浴介護!
自宅での入浴が一番 落ち着くらしい?  又  今日は台風の影響で 蒸し暑いので こんな日にお風呂に入れてもらえるのは 嬉しいと思う?


パートナーの病状は 余り変わらない? ただ  この病気は特効薬がないので 自分の免疫&治そう?少しでも良くなろう? これ以上悪くならないように~~ と言う自分自身の心 「気」が大切だ!と思う? 病は気からと昔からいうけど~~
「気」!別の言い方をすれば 「念」!  
この 念  は 「念ずれば 花 開く」と云われてもいますが 「一心に心を込めた想い」 は必ず通じる?  と信じて先ず 想いを成す  ことが 大切!  だから パートナーも 心を込めて 「この病は治る? いや 治らずとも これ以上 悪くはならないように~」と常々思っていて欲しい?  病気に気で勝ち 念で治す?  無理かなア~ 
 まあ~~  普段の自分の心の持ち方が非常に大切じゃないかな?
ね  ワンちゃん
ぼくちゃん 小型犬で弱いけど 一生懸命 生きてるよ?
      その時 その時 が大事やからね?
      けど 良きるて 楽しい事も一杯あるから生きられるんだね? 

 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。