隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

ワンちゃんとの出会いは決められていたんかな?

朝 5時起床  晴れ  気温(5時現在)24度  日の出 5時45分
ワンちゃんと朝 一番目の散歩! 
ワンちゃんは気分が良いのか?ゆっくりあちらこちらを匂いを嗅ぎながら~~なかなか帰ろうとしない? 
パートナーは今朝は 手すりを持って散歩から帰ってくるのを待っていた?
「おはよう  どうしたの?」 「濡れた!」 の言葉をかわす?
今朝のパートナーは上下とも濡れていた? 
気持が悪いので手すりの所で待っていたのだろう?  すぐ着ているもの全て着替えた!
尚 念のため ベットの確認? タオルケットと防水シートが濡れていた! 
  今日も 洗濯爺さんから一日が始まる~~?


今日はワンちゃんとの最初の出会いを思い出してみた?
パートナーの父母の老後を見るために関西のある山寺を他の人にお願いして こちらの義父の寺に帰って後を継いだ!10何年か前! 
こちらに帰って ある日 ペットショップに覗いてみた? 何げなく 店内に入り ワンちゃん達を見ていたら そこのスタッフの方が 「他のワンちゃんも見て見ます~~?」と声を掛けて来たので 「どんなのが居るの?」と興味本位で~~ すると 店の奥の方から一匹の小さいワンちゃんを抱いてきた? その ワンちゃん 生まれて3ケ月 掌に乗るくらいの大きさで可愛かった?
ワンちゃんは愚僧を見ると しっぽを振って非常に愛想がよかったので思わず「可愛い??」と云い ワンちゃんを抱き上げると  お互いの目と目が合って??
そのワンちゃんの目が 「遅かったね  待ってたよ?」と言って居るみたいに思えた? 愚僧は このワンちゃん!飼う定めなんだ!と・・ 即決で ワンちゃんを家に連れて帰った?
 今思い返してみると~ 出合いって決められたものなんだなあ~~? 
このワンちゃんとの出会いもその様になるようになっていたんだ! 
もう このワンちゃんと家族になって17年立つけど ワンちゃんとの家族関係は当然と思えてならない!!
良く 結婚するときに お互い 「ピッピ!ピ」とくると云いますけど ワンちゃんとの出会いも この「ピッピ!ピ」があったみたい? 
ね  ワンちゃん そうやろ? 
ぼくちゃん  昔の事は忘れた?
       でも ズ~~と一緒 楽しい時もいっぱいあったね?
       これからも 仲良く 楽しい想い出を作ろうね♬♩

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。