隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

春彼岸 と 入浴

 三月はじめ 妻が起きられるようになった。もう自分で歩くのに何か?を持たないと歩けなかった。  寝室からリビングまで来るのに手すり(先住職のため簡単なものを付けていた)を持ち用心深く来ました。それから 妻は「お風呂に入りたい!」と言いました。そう云えば 倒れる前に入ったんでしょうから 三日 入ってないんです。 倒れる前は一人で風呂に入っていたのですけど・・(よく聞いてみたら 手に力が入らないので 入って温まって上がっていたそうです)という事なら 身体を洗わなくなって何日になるのだろう? ともかく 早い時期に入らせてやりたい! 取り敢えず カーテンを閉め 洗面器にお湯を貯めタオルを絞りながらザーッと全身を拭いてやりました。その後 タオルを絞って渡し「あと 出来る所は出来る範囲内で自分で・・」と妻本人に最後は任せました。そして しばらく自分で拭いておりましたが・・その内・スッキリした。と言って終えました。 今から夏に入ってくるんだから 入浴の件 どうにか?しないといけない!と思い 早速 介護事務所に電話をかけて事情を説明!(この時点では介護認定を受けていなかった) 色々な説明を受けましたが余り解からず ただ 「はい・はい」の生返事!! だけど 介護認定を得られるという予定で一日でも早く 自宅入浴の介護を・・・とお願いしてその日は終わりました。 結局 約一週間の後には入浴介護に来てくれるようになりました。 良かった 良かった。。
 と一安心する間もなく春彼岸がまもなく始まりますのでその準備に取り掛からないと・・檀信徒様に春彼岸の行事予定の案内 春彼岸を迎えるためお寺自体のお掃除!本堂の設えと塔婆等の準備・・毎年のことながらバタバタ  
又 今年は主夫業も加わり もう頭の中はヒッチャカメッチャカ(*!*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。