隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

安心 心配 心で決まる!

今朝5時!! 室温 12度 外気温 4度   今年一番の冷え込み
ワンちゃん に起こされ 朝の散歩!! リード持つ手が冷たい
散歩から帰ったら パートナーは起きて いつもの椅子に座っていた。 散歩にでる前に 暖房のスイッチを入れて行って良かった!


愚僧が寝てからも 気にかかると事があります。  それは パートナーが夜トイレに行く時 帰る時です。 パートナーが部屋を出るとき バタンと音がするので 愚僧は目が覚める それから パートナーの動きを 音で判断しています。 廊下を歩く音 トイレに行った音 終わって帰る時の音 廊下を歩いて パートナーが部屋に帰る音 ・・ この部屋に帰った音を聞いたら ホッとして 愚僧は 睡眠につきます。 パートナーはもう途中で手すりを持ち損ねたり 廊下・ですべって倒れたら  一人で起きられません! 普通なら助けを呼びのですが・・ パートナーは声も不自由で大きな声も出せないし~言葉もハッキリしません。 だから 夜中にもし 倒れて 愚僧が気が付かなければ 朝まで そのままで居らなければなりません。 余りにも 可哀そうで惨めです! こうならない為 気を付けています! 今までは不思議と物音で目が覚めています! 愚僧の気が そうさせているのかも?? 
と 勝手に思っています。 パートナーの足が不自由になって 10か月 パートナーがトイレに行って 倒れた事はありません。  いつまで 自分の足で トイレに行ってくれるか❔ なるべく 長~~い 期間 パートナー本人に頑張ってほしいものです!!
でも この病気は進行性なので いつかは? 一人でトイレ イヤ 歩くことが出来なくなりますので その時のことも考えて対策を考えなければ・・・
 余り悲観的にならず・・  愚僧の趣味 趣味・・・  人生はプラス指向でいこう
 テレビでインドのガンジスでの水浴をしていました。 その中でヒンズー教の信者の 女の人が「幸せを神様にお願いしてはダメです! 自分の心の持ち方で幸せが決まるのです」と 言っていました。 そう 心で決まるんだ!  プラス プラス の幸せを!

のどか~~ 川 水 って 落ち着く・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。