隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

目先を変えて笠戸島巡り

今回からチョット横道を~~でぇ~ 瀬戸内海国立公園 笠戸島を巡って観ます。
普通 車で笠戸大橋を渡つて 陸路で行きますけど・・今回は船で海から笠戸島を見てみます。笠戸大橋が出来るまでは 下松新川より巡航船で笠戸本浦→15分 深浦→約1時間 のんびり通っていました。橋が架かった昭和45年連絡船廃止 江の浦深浦方面はその後数年間は通っていました。 この航路をこれから時計と逆回りで巡っていきます。

笠戸大橋から瀬戸の岬が見えます。この岬を左に向かって進んで行きます。


笠戸大橋が掛かっている裏側です。その瀬戸の岬が後ろに~その先には下松の工場が・・・


はなぐり を前景に夕日を撮る写真スポットのはなぐり を海の方から見ています。
このはなぐり 通称名(ネズミ島)とも言います。


はなぐり海水浴場 約2、300m位海上歩行通路もあります。


大城国民宿舎が見えます 手前に岬があり これが小城 
小城岬 大城岬があるってこと余り知られておりません。

国民宿舎大城の手前下の 落(おとし)の集落が見えます。



落(おとし) の集落の先に 「尾郷」の集落 
この集落 昔は巡航船が通っていた時は停まっていました


「尾郷」を過ぎしばらく行くと・・江の浦(昔は長浦と言ってました。)
現在 新笠戸ドック があります。結構大きい集落です。

望遠で撮って見ましたけど・・このクレーンとクレーンの間の谷間 もう草ぼうぼうですが 大松ケ浦(裏門)と云い ドックの従業員の宿舎(長屋)がありました
あの黄色いハンカチに出てくる様な情緒のある 3軒 4軒の長屋が何軒も段々に立ち並んでいました。
この大松ヶ浦を過ぎたら「深渕」と云う集落があり深浦方面に続きますが・・
次回にアップして説明いたします。
 今回から2.3回 下松市の沖の笠戸島をアップしていきます。 横道で~す!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。