隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

ママさんとワンちゃんの一コマ

朝 5時起床  晴れ  温度27度(5時現在) 日の出 5時40分
ワンちゃんと 朝一の散歩 まだ 夜が明けてないので薄暗い
今朝もワンちゃんは良く歩く~~ まだまだ 昼間暑いので昼間の分も歩いたいるのか?
パートナーは今日は 黙って 手すりに摑まって只 立っていたので~~
愚僧は  「どうしたの? 濡れてるの?」と声がけ~~?
 パートナーは  「うん」 と一声n? 今朝は喋りにくいのか?
ともあれ  今日もいつもと一緒の一日の始まり 洗濯爺さんから始まり~~


今日はパートナーの一日の一コマ!を 

今  ママさん トイレだから待っています? ぼくちゃん心配だから?
 

ママさん そろそろ 出てくるよ~~
と 思ったら~~ 手すりを持ったまま~~  ゆっくり~~
座ってしまった~~  何だか? 手の力が抜けたみたいに~~

ママさん 照れくさいのか?手すりから滑ったので恥ずかしいのか?
「ニンマリ~~」と照れ笑い~~? 
 ぼくちゃんがさっきまで居た所に座ってしまったよ?
一人では手すりを持って立てないので  パパさんが力を貸して~~
 「よいしょ!! しっかり 手すりを 持ってね?」
ママさん  再び 手すりを持って~~

 手すりを持って ソロリ~~ イヤ 足を スリスリ~~
ぼくちゃん 邪魔だからどいて~~~??  ぼくちゃん どかないもん!
ぼくちゃん  ここで ママさんを護るもん??・・・・
 と ママさんと ワンちゃんの 癒しのふれあい一コマでした?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。