隠居僧と愛犬の「パートナーの難病介護の日常」

不慣れな家事全般と介護とワンちゃんの世話の老僧の主夫

 パートナーの難病(オリーブ橋小脳萎縮症)の介護生活と愛犬の独り言?

パートナーの熱も下がったし~安心

朝 5時 いつもの様に起床 タツオ君の散歩
今朝は 昨夜の雨がチョット残って 時々 笠のいらない程度の小雨が降っていた。 
元気な元気な 愛犬タツオ君は地面に足が着いたらすぐ・・走り出した いつもの場所に
足を上げて・・・・  何か所にもマーキング・・・昨夜雨のため タツオ君の縄張りの主張の匂いが消えたのかな?? とか?まだ 眠っている頭の中で思いながら・・散歩!
 自宅に帰ってパートナーは起きて、いつもの椅子に座っていた! タツオ君のチョット濡れてる身体をきれいに拭いて・・・ 体温計を持ってきて パートナーの体温は?
 ヤッター36,6度 平熱・・・一安心!(読者の方々 ご心配をおかけしました。)
やはり 健康が一番!!  パートナーは難病を持っているので・・風邪一つでも心配!
毎日 毎日 チョットでも歩くのはリハビリで 寝てばかりいたら 小脳の方が益々働かなくなるから・・・ 幾ら 働くは傍が楽になる と云ってもパートナーは楽をしたら ダンダン 小脳が退化して 病状が進んでしまうから・どんどん 動けるところは動いて 小脳に刺激を与えなければいけない!!・・・ 出来れば 治らないまでも 今のままで病状が止まっていてくれたら・・・その内良い薬が出来るのにな~~といつも思います。
 パートナーと反対に愛犬タツオ君 元気すぎて 一日 散歩 六回!! パートナーが元気な時は いつも一緒に散歩に回っていたのに~~人間って分からないものですね!! 
  「明日あると思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」☚(親鸞の幼名 若松麿)
誰も先のことは分かりませんね!!
今を大切に 生きて行こう~~~ 

一生懸命歩いて行こう 例え 手すりを持ち すり足でも~~


ちょっと 足を上げて・・・  さあ~~元気で行こう!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。